はじめに

2018年5月23日(水)、enspaceさまに会場をお借りして、2018年度の第2回、『はじめてのIT勉強会 in 仙台』を開催しました。

会場および、飲み物や食べ物の提供から、受付のお手伝いをいただいておりますenspaceさま、本当にありがとうございます。

2018年度、新たな会場支援をいただいての開催、地元企業様に支えられての開催に本当に感謝です!
「はじめてのIT勉強会 in 熊本」もしっかり恒例、Barからのリモート同時開催、リモート開催用の設備も充実!

オープニング

今回で14回目の開催となる『はじめてのIT勉強会 in 仙台』。
オープニングでは、思ったことはみなさん気軽に実行してみましょう、を伝え続けています。

トークは久々、主催スタッフのカノの登場です!
最近、アイスブレイクやっていないこと、本記事をまとめながら気づいて反省です。

嬉しいことに、仙台で活動するデザイナー「inemuri」さまに協力をいただいて制作したロゴと、ステッカーは好評をいただいており、残り枚数も2回目にして僅かとなりました。

そして、こちらも前回に引き続きの新ロゴを使用した名刺配布。
今回は、20名の参加者の内、6名が名刺を活用してくださいました!

LT:ライトニングトーク

今回のLT(=ショートプレゼン)は、予定していた2名が都合がつかずに急遽キャンセル!
代打として、スタッフメンバーが「はじめてのSlack、業界スタンダードのチャットツールを使ってみよう!」を行いました。

今回の参加者の中で、Slackを知っていた方は少なく、せっかくなのでと、みなさんで実際に登録、発信するハンズオン形式のLTとなりました。
テーブル同士で自然と教えあったり、トーク時に積極的に質問を(Slackで)投げかけたりと、みなさん、はじめてのSlackをしっかりと活用してくださいました。

リーダブルコード

前回に引き続き、埋もれない良書の紹介、「リーダブルコードを確認してみよう」で開催です!
スピーカーは勉強会初登壇、本当にはじめてのスピーカー、すーさんでした!

リラックした準備時間から、トークが始まると会場を大きく移動してのテーマ展開!
会場を広く利用したすーさんのトークは時間が過ぎるのも早く、本当にあっという間に終わりの時間となりました。
早速のSlackを利用した質問などもあり、対話も楽しみながら、とても明るい雰囲気を作っていただきました。

気になるトーク資料はこちら!

交流会

勉強のあとは、気軽に仲良くなる場、交流会、しっかり正しいネットワーキング!
会場のenspaceさん、2018年4月にからプレオープン、6月に正式オープンを控えた慌ただしい中にも快く会場を提供くださいました。

交流会では積極的な名刺交換から、情報交換。
みなさん、本当に楽しそうに、そして尊重しあったコミュニケーションをしている姿を見て、スタッフも時間を忘れて話し込んでしまっていました。

結果として、交流会の写真がほとんどありません、まだまだ未熟な運営です…
代わりに、LT中・トーク中の参加者さまみなさんの雰囲気が伝わる写真を紹介します!

おわりに

今回もはじめての参加者が6割と、毎回、出会いが重なる場となっていることが嬉しいスタッフ一同。
学生スタッフも2名増え、社内での口コミ紹介で参加してくださる方も増え、スタッフ一同、これからも良い流れを続けていきたいと感じる時間を過ごさせていただきました。

以上、『#2 はじめてのIT勉強会 in 仙台(2018年度)』開催レポートでした。

『はじめてのIT勉強会』のトーク資料は、以下で確認可能です!

おねがい

紹介する書籍・機材などは「はじめてのIT勉強会」の活動費獲得用の広告を兼ねています。
活動維持のためと、ご理解をいただければ幸いです。
投げ銭の代わりにシェア拡散にご協力いただくことも大歓迎ですm(_ _)m

本日の書籍

本日の機材

運営裏話な役割と、活動費獲得用の広告を兼ねています。

撮影機材
中継機材

マイク、映像ともに不自然なく利用が可能でした。会場が広く後方からの撮影だったため、発話者がマイクを使うなどするとより良い音声収集を実現できたかもしれません。
中継にはzoomを利用、5時間程度の映像音声中継で、通信容量は700MB程度でした。


イベントレポートの作成をいただける方など、ご協力いただける方には興味いただいた機材の無料貸し出しも行なっています!
※撮影者は撮影のプロではないため、機材性能を十分に発揮できておりません※


The following two tabs change content below.
はじめてのIT勉強会
いろいろな不安があって参加をためらっている方が、気軽に参加できることを目的に開催する勉強会です。はじめての人が一歩を踏み出しやすい勉強会の開催、情報の発信を心がけています。オープンマインドな運営を目指します。